みやじま歯科クリニック

みやじま歯科クリニックは阪急長岡天神駅からすぐ 歯科 予防歯科

〒617-0824 京都府 長岡京市 天神1-6-24
ムシバゼロ
TEL 075-950-6480
EPARK歯科
▲Mobile Site
トップページ»  ブログ記事一覧»  だ液の働きについて

だ液の働きについて

  • 件 (全件)
  • 1

だ液の働きについて⑤

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回に引き続き、だ液の役割のお話です。

3つ目の役割は、『ムシ歯予防』です。

食後の口の中は、ムシ歯菌か活動しやすい酸性になります。だ液は、口の中に残っている食べかすなどを洗い流し、酸性から食前の中性に戻す働きがあるため、ムシ歯予防に役立ちます。

次回は、だ液の効果を高める方法についてのお話です。

2020-02-17 11:11:00

だ液の働きについて④

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回に引き続き、だ液の役割のお話です。

2つ目の役割は、『消化吸収を助ける』です。

だ液と食べ物が混ざりあうと消化を助ける成分が働き、胃の消化・吸収を助けます。
また、だ液には美味しさを感じさせたり、食べ物を湿らせて飲み込みやすくする働きもあります。


次回もだ液の役割の続きです。

2020-02-10 09:24:00

だ液の働きについて③

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

今回はだ液の役割についてです。

だ液には大きく3つの役割があります。

まず1つ目が、『入り口の門番』です。

食べ物は全てが安全なものではありません。
病気を引き起こす細菌や発がん性物質、過酸化脂質などか含まれている場合があります。
だ液は、これら有害なものを減らし、体内への侵入を防ぐ効果が期待できます。

次回も引き続き、だ液の役割のお話です。

2020-02-03 16:43:00

だ液の働きについて②

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回に引き続き、だ液のお話です。

だ液はどこから出るのでしょう?
だ液は、口の中にある3つのだ液線(耳の下、あごの上、舌の下)とほっぺたの内側にある小さなだ液線から分泌されます。

耳の下にある耳下腺(じかせん)からはサラサラなだ液が出ます。
顎の付け根あたりにある顎下腺(がっかせん)からはサラサラとネバネバなだ液が出ます。
舌の下にある舌下腺(ぜっかせん)からはネバネバなだ液が出ます。

サラサラなだ液には、消化吸収を助け、口の中をキレイにする作用があります。
ネバネバなだ液には、細菌をブロックし、体を守る作用があります。

次回からは、だ液の役割を詳しくお話していきます。

2020-01-27 15:00:00

だ液の働きについて①

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

今回は、だ液についてのお話です。

普段、ほとんど意識していない『だ液』には薬や消毒に匹敵するような凄い効果があるのです。
そんな凄い『だ液』の効果や役割について順番にお話していこうと思います。

まず、1日に出るだ液の量、皆さんはどれくらいだと思いますか?


大体500~1,500mlと言われています!

噛めば噛むほど、食べ物の水分が少ないほど、だ液はたくさん出ます。

そんなだ液の正体は、ほとんど(99.5%)が水分です!
残りは無機成分(ナトリウム、カリウム、炭酸水素、無機リン、カルシウムなど)と有機成分(アミラーゼ、ムチン、ラクトフェリン、ガスチン、スタテリンなど)でできています。

次回も引き続き、だ液についてお話していきます。

2020-01-20 11:56:00

  • 件 (全件)
  • 1