みやじま歯科クリニック

みやじま歯科クリニックは阪急長岡天神駅からすぐ 歯科 予防歯科

〒617-0824 京都府 長岡京市 天神1-6-24
ムシバゼロ
TEL 075-950-6480
EPARK歯科
▲Mobile Site
トップページ»  ブログ記事一覧»  口唇ヘルペスについて

口唇ヘルペスについて

  • 件 (全件)
  • 1

口唇ヘルペスについて③

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。
前回まで口唇ヘルペスの症状ついてお話してきましたが、今回は対処法についてです。

潜伏するヘルペスウイルスまでは現代医学をもってしても退治することはできません。しかし、ウイルスの増殖を抑えたり、症状を抑えたりする治療に「抗ウイルス薬」と呼ばれるお薬を使用します。
処置が早ければ早いほど、症状は軽くすみ、回復も早くなります。
一般的には、塗り薬を1日3回食後に塗ります。(飲み薬を処方する場合もあります)

口唇ヘルペスの再発を防ぐには、なにより抵抗力のある丈夫な体をつくることがポイントです。
食事は栄養のバランスを考え、適度な運動の習慣を身につけて基礎体力を高めておきましょう。

当院でもお気軽にご相談ください。

2020-08-03 17:03:00

口唇ヘルペスについて②

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回に引き続き、口唇ヘルペスについてですが、今回は発症〜治るまでの流れを説明していきます。

皮膚症状は4つの段階を経て、10日〜2週間ほどで治ります。

①皮膚に違和感を感じる
皮膚にピリピリ、チクチク、ムズムズなどの違和感、かゆみ、ほてりなどを感じます。

②赤くはれる
自覚症状が出てから半日以内に赤くはれてきます。この時期は患部でのウイルスの増殖が活発です。
この時期に薬を塗ると効果的です。


③水ぶくれができる
赤くはれた上に水ぶくれができます。この中にはウイルスがたくさん存在します。
さわると、水ぶくれが破れて広がってしまいますので、さわらないようにしてください!
 


④かさぶたができる
かさぶたができて治っていきます。
かさぶたをはがさないようにしましょう!
 


次回は対処法についてのお話です。

2020-07-27 11:03:22

口唇ヘルペスについて①

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。
今回は口唇ヘルペスについてのお話です。

風邪で熱が出たり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりすると、くちびるの周りに水ぶくれができると悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

これは口唇(こうしん)ヘルペスと呼ばれ、10人に1人がかかったことがある病気です。

原因はウイルスです。
口唇ヘルペスは人との接触によって感染します。
感染力が強いため、ウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。
また、このウイルスがやっかいなのは、一度感染すると神経細胞の中に隠れ潜み、再発を繰り返すということです。
日常よくみられる口唇ヘルペスはほとんどが再発によるものです。普通は再発のたびに軽症化し、水ぶくれは小さくなり、患部も狭い範囲におさまります。

以下のような時は口唇ヘルペスにかかりやすいので要注意です!

・風邪をひいたとき
・疲労や強いストレスがあるとき
・紫外線を受けたとき
・何らかの薬剤を服用したとき


次回は発症〜治るまでの流れを説明していきます。

2020-07-20 09:25:00

  • 件 (全件)
  • 1