みやじま歯科クリニック

みやじま歯科クリニックは阪急長岡天神駅からすぐ 歯科 予防歯科

〒617-0824 京都府 長岡京市 天神1-6-24
ムシバゼロ
TEL 075-950-6480
EPARK歯科
▲Mobile Site
トップページ»  ブログ記事一覧»  お子様の麻酔後の注意

お子様の麻酔後の注意

  • 件 (全件)
  • 1

お子様の麻酔後の注意②

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回の続きで、お子様の麻酔後の注意事項をお話していきます。

③ほっぺを噛まないようにしてください。
違和感があると、ほっぺを触るだけでなく、歯でお口の粘膜をはさもうとします。お口の粘膜が傷つくと、口内炎等ができて痛みの原因になりますので、ご注意ください。

④休息を十分にとりましょう。
一般的に、治療時に麻酔を使用する場合は、お子様にとって肉体的にも精神的にも負担のかかる処置が多いと言えます。治療が終わると嬉しくてはしゃぎ回りますが、実際には体と心に大きなストレスを抱えていますので、出来る限り安静にして休息をとるようにしてください。

わからない事、気になる事はお気軽にご相談ください。

2020-09-14 09:52:00

お子様の麻酔後の注意①

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

今回はお子様の歯の治療で麻酔をした場合の注意事項をお話していきたいと思います。

麻酔は1~2時間ほどで徐々にさめてきますが、その間、唇やほっぺの内側がしびれるなどの違和感がありますので、以下のことにご注意ください。

①麻酔がさめるまで出来れば食事をしないでください。
麻酔か効いている間は、お口かしびれているため、あやまって唇やほっぺを噛んでも気付きません。そうすると、麻酔かさめてから痛んだり、腫れたりします。

②ほっぺを触りすぎないようにしてください。
お口がしびれていると、触った感覚がおもしろいためにほっぺを触って遊びます。爪を立てたり触りすぎると腫れることがありますので、ご注意ください。

次回も続きをお話していきます。

2020-09-07 13:54:00

  • 件 (全件)
  • 1