みやじま歯科クリニック

みやじま歯科クリニックは阪急長岡天神駅からすぐ 歯科 予防歯科

〒617-0824 京都府 長岡京市 天神1-6-24
ムシバゼロ
TEL 075-950-6480
EPARK歯科
▲Mobile Site
トップページ»  ブログ記事一覧»  詰め物(インレー)の治療をされた後の注意事項

詰め物(インレー)の治療をされた後の注意事項

  • 件 (全件)
  • 1

詰め物(インレー)の治療をされた後の注意事項③

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回の続きをお話していきます。


歯は詰め物と神経の距離を少しでも遠くするために神経を保護する層(第2象牙質)を作り始めます。
この第2象牙質が完全に完成するまでには、6ヶ月ほどかかると言われています。

この痛みやしみるといった感覚は、徐々におさまりますので、ご安心ください。

しみなくなるまでの期間は歯の状態などにより様々です。通常1〜2週間で治りますが、半年以上かかる場合もございます。

特に治療後は、熱いものや冷たいものはできるだけ避けて、あまり神経質にならずに気長に治まるのを待ってみてください。

ただし、1〜2週間ほど経過しても改善が見られず、夜も眠れないほど、痛くなる場合は、一度ご連絡ください。神経を取り除く治療が必要な場合がございます。


また、歯の噛み合わせが高く感じる場合には調整を行いますので、お気軽にご連絡ください。

2021-01-05 09:53:00

詰め物(インレー)の治療をされた後の注意事項②


長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

前回の続きをお話していきます。

⚫︎治療直後

むし歯は取り除きましたが、詰め物と神経の距離が近くなり、しみる感じが出ることがあります。 

⚫︎治療後

徐々に神経を保護する第2象牙質ができてくるので、やがてしみなくなります。
 

次回も続きをお話していきます。

2020-12-18 15:32:00

詰め物(インレー)の治療をされた後の注意事項①


長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

今回は詰め物(インレー)の治療をされた後のお話をします。

詰め物の治療では、むし歯になった悪い部分を取り除き、詰め物(インレー)を取り付けます。
むし歯の深さによっては詰め物と神経の距離が近くなり、噛んだ時の力や熱などによる刺激が神経に伝わりやすくなります。
そのため、治療後に軽い痛みが出たり、しみたりする場合があります。

⚫︎治療前

むし歯が神経近くまで達していますが、なるべく神経を残す治療を行います。

次回も続きをお話していきます。

2020-12-11 15:49:00

  • 件 (全件)
  • 1