みやじま歯科クリニック

みやじま歯科クリニックは阪急長岡天神駅からすぐ 歯科 予防歯科

〒617-0824 京都府 長岡京市 天神1-6-24
ムシバゼロ
TEL 075-950-6480
EPARK歯科
▲Mobile Site
トップページ»  ブログ記事一覧»  歯の神経治療中の注意事項»  歯の神経治療中の注意事項

歯の神経治療中の注意事項

歯の神経治療中の注意事項

長岡京市のみやじま歯科クリニックでございます。

今回は歯の神経をとった後ならびに神経治療中の注意事項についてお話していきます。

⚫︎神経をとった後は痛みがでやすいため、痛み止めをお出しします。
痛みがでだしたら、飲んでください。
(痛み止めを飲んでも2時間以上痛みが治らない場合はご連絡ください)

⚫︎神経をとった歯の方で硬い物をかまないようにしてください。(痛みが出やすくなります。)

※もっとも重要なことなのですが、神経の治療中は歯の量が少ない上にもろくなっているので、硬い物をかむと歯が折れてしまう可能性がございます。根っこの方まで折れるなど、大きく歯が欠けて折れてしまった場合は最悪、抜歯の可能性が出てきますので何卒注意なさってくださいませ。

⚫︎麻酔は個人差がありますが、2時間くらいしびれていると思うので、お食事は麻酔のしびれが切れてからにしてください。(飲み物は飲んでも大丈夫です)

※お子様の場合は、麻酔のしびれで感覚がなくなると唇を噛んだり触ったりするので、気をつけてください。

⚫︎仮のふたが固まっていない場合は、固まるまで2時間くらいかかるので、固まるまで待ってからお食事をしてください。(仮のふたが固まっていなくても、飲み物は飲んでも大丈夫です)
もし仮のふたが取れてしまった場合は、放置せすにすぐにご連絡下さい。

以上でございます。
治療の際にも上記お伝え致しますが、わからない事があればいつでも聞いてください。

2020-12-04 10:11:29

歯の神経治療中の注意事項